一般人山田の美容&整形の考察

札幌に住む私の整形体験談です。

札幌 ナルミ美容外科での鼻オペ当日

 

いよいよ、鼻オペの当日を迎えました。

 

●オペ当日

今までの埋没とは違い、今回はガチの手術らしい手術。

 

注意書きに書かれた通りに絶食し、ナルミ美容外科に向かいました。

クリニックに着くと、いつもの看護師さん一人。

 

手術前に最後の診察を受けた際、なりたい鼻の芸能人の写真を再度持って行ったところ1分もたたないうちに先生に「わかった、わかった」というように冷たくあしらわれ。。。

 

先生の機嫌が悪かったのでしょうか。

 

とにかく不安な気持ちでオペを迎えました。

 

 ●いよいよオペ室へ入室

オペ室は札幌美容形成外科に比べると、狭く感じました。

 

よくある手術に使う緑色のカバーを被せられ、鼻に痛い麻酔の注射を打たれオペが始まります。

 

今考えてみると、普通に手術中も意識があったので静脈麻酔ではなく局所麻酔だったんですね。

まあ、自分で決めた事とは言え本当に術中は怖くて、早く終われ早く終われと祈るような気持ちでした。

しばらくすると痛みは無くなり、鼻の穴の中を切られるような感覚。

 

 

痛みはありませんが、レーザーなのか、

皮膚を焼いているような匂い。

 

そして、メリメリメリというような異物が鼻の中に入ってくる感覚。

痛みはありませんが、大きな異物を押し込められたような感じ。

 

そして、手鏡を渡され、

恐る恐る目を開けて見ると、

 

 

そこには、、、

 

 

 

 

f:id:ippanjinyamada:20210609012352p:plain

ベルばらのような不自然に高い鼻

 

 

 

え?!

 

 

何この不自然な高い鼻。。。

 

 

まるで漫画ベルサイユのばらのような高くてトンがった鼻が私の顔についていました。

 

、、、嘘でしょ??!!!

 

元々の私の顔は凹凸がなく、典型的な日本人の【平たい顔族】なので、

 

こんな高い鼻が着くと、それこそ

コントの付け鼻のよう。。

 

流石に「これはちょっと高さがありすぎる、鼻先もとんがっているし」

「もう少しナチュラルな鼻にして欲い」と勇気を振り絞って先生に言いました。

 

すると、先生は、ハアーヤレヤレƪ(˘⌣˘)ʃという感じでボソボソ何か文句を言いながら直してくださることになり、、、

●まさかのやり直し 

私は、またあの異物抜き入れをするんだという恐怖に駆られながら、

プロテーゼが抜かれ、新しいものを入れる作業。

えーーもう一回あれ耐えるの?!  という気持ちでした。

入れ替え作業は思ったより早く終わり、

再度鏡を見てみると。。

 

 

 

 

ばっちり理想通りの鼻になっていました。

高さも、

不自然感も少なく、

先もとんがりすぎず◉。

 

 

ちゃんとやり直ししてもらって本当に良かった、、

勇気を持って伝えて良かったです、

 

自分グッジョブ!!

 

その時はオペ中だったこともあり、顔も全然腫れておらず我ながら「キレーな鼻」と思ってしまうほどでした。

鏡での確認後、プロテーゼを差し入れた部分を糸で縫ってもらい、無事にオペは終了。

●オペ終了、そして帰宅

鼻には、鼻全体を覆うようなまるで添木のようなギブスのようなものをつけ、固定されました。いかにも整形しましたという感じですが、固定のためにはしょうがありません。

 

 

その日はマスクをしてタクシーで帰りました。

 

 

飲み薬を受け取り帰宅します。

 

次回はダウンタイムのお話をします。